K塾 評判

K塾評判@アフィリエイトK塾の評判を自己論評

アフィリエイトK塾の評判はいかに!?

K塾は22期続いているアフィリエイト塾
本当にK塾とは怪しくないアフィリエイトで稼ぐことができる塾なのか?
まっとうなのか、詐欺なのか・・このサイトがK塾を切る!!
(塾生なのにアンチK塾の人間が紹介してます。)



K塾23期 (銀行一括)




※K塾23期の募集日程が決定いたしました。募集日程は、平成30年12月末から平成31年1月上旬までとなっております。
K塾費用の御支払は、分割やクレジットカードでも対応できます。(リンク先ページのお支払方法をご確認ください。)
K塾の分割支払窓口
K塾のクレジットカード窓口

K塾評判@アフィリエイトK塾の嘘と真実

このページに飛んでこられた方は、きっとアフィリエイト塾の「K塾」について、その評判などをお調べになっていることとお察しいたします。

 

K塾とはどんな塾なのか?評判はどうなの?
アフィリエイトってそもそも稼ぐことができるのか?

 

この辺がこのサイトをご覧になる方にとってのお知りになりたい事かと。
そこでK塾10期(平成24年6月〜平成24年12月)に入塾したこのサイト管理人が感じているK塾の嘘と真実、魅力と嫌悪などの評判をできるだけわかりやすく当サイトで書いていきます。

 

あいさつ代わりに転載させていただくと、私の現在のアフィリエイト報酬の一部は以下の画像の通りです。

K塾,評判

※平成24年12月10日現在。

 

これは私がK塾に在籍して得たアフィリエイト収入の一部となります。
アフィリエイトを行うには、ASP企業(アフィリエイトサービスプロバイダー)への登録が必要になってきますが、そのひとつの収入画面の一部を切り取って載せております。

 

K塾がネットに氾濫する「K塾は詐欺だ!」「K塾はスパム集団で迷惑行為で金を稼いでる」といった評判を、塾生の立場から感じることを記載していきたいと思います。
もうひとつ申しておきますと、私はK塾の気風というか考え方自体には疑問をもっております。つまり、塾に在籍していながら、アンチK塾なのです。こんなこというと、「人に信じ込ませようとする文章の書き方だ」と言われそうですが、アンチである私がなぜK塾に入塾し、K塾11期にも継続受講をしようとしているのか、サイト内で書いていけたらなと思います。
このサイトは、「K塾万歳」「K塾は稼げますよ!」「K塾はすばらしい!」「K塾長一生ついていきます!」なんて、一言も書くつもりは毛頭ありません。逆に塾生が言わない本音の部分こそを書いていきます。

 

アフィリエイトに限らず、ビジネスというものとして大きく見た場合に、K塾の考え方だと万人向けするものではないにほかなりません。当サイトでひとつひとつ疑問をコンテンツとして述べていきたいなと考えておりますので、ご参考になり十分なご理解をして、入塾する、入塾を取りやめるという判断をしていただきたいなと思います。金額だけで半年間の受講料で35万円前後もするわけですから、慎重に検討することをお勧めします。

 

私なりの評判を長い文章で書いているので、誤字脱字がある場合はお許しください。
私のサイトが、K塾の評判を知るきっかけになれば、幸いです。

 

K塾募集ページで評判などの詳細を確認したい方はこちらです。

 

トップページへ戻る。

 

 

K塾評判@K塾の塾長Kとはどんな男だ?

K塾,評判

黒いニット帽にサングラス・・・K塾の公式募集サイトやネット広告に掲載されているこの人が、K塾の塾長であるK氏です。

昭和48年生まれで、2005年からアフィリエイトを志ざし、2006年から講師としてアフィリエイトセミナーに携わり、月額アフィリエイト報酬(単月の成果報酬・・つまり自分の手元に入ってくる1か月のお金)が500万円より下ってことがない、そしてアフィリエイト以外にも事業を手掛けており、自他共に認めるビジネスマンである・・・。
それでいてテニスやスノボのインストラクターを過去にしていたスポーツマンであり、また以前会社員として勤めていた会社で海外でのバイヤーということもあり、英語はTOEIC750点以上。そのほか会社員として働いたとしても100万円以上の給料がもらえるさまざまな資格取得済み。ゲームでは「モンスターハンター」で人が倒せないモンスターを倒せる優秀なゲーマーである・・・。

 

公式のプロフィールはこんなところでしょうか。これだけ見れば非の打ちどころがない人物ですよね。
塾長ということで塾生にも、「Kさんすばらしい!」「Kさんありがとうございます!」という塾生にとっては雲の上のお人ですな。塾生のほとんどは格好の良い、マルチな才能を持っている評判のよい塾長・・・そんな持ち上げ方をされてます。

 

セミナーのときもこのいでたちで登場して素顔は明かしません。なんでも、やっている事業の都合で顔が出るのがまずい・・・顔を出すと顔の表情で言っていることを評価されるのがマイナスだから素顔は見せない・・・とか。
私個人としては、いでたち格好など正直どうでもよいとは思いますが、講師として教える立場の人間が、素顔を晒さないというところに疑問符がいつも付いています。
K氏は小さいころに事故で余命20年と言われたそうです。そういう背景から「死など恐れず」らしく、20年以上生きられているので「アフィリエイトの素晴らしさを伝えていく」という高尚な考え方にかられていると言ってはいますが、
それならば顔を晒すことぐらい怖いことではないと思うのですがね。
講師の立場であるならば、社会的に顔を出すのが礼儀だと思うのですが、顔を出すということ自体は失礼だとは考えていないようです。私の中での評判はすこるぶ悪いですね。

 

そして、見た目の評判以上にもっといけないのが、思いやりの言動が少なく口が悪い。
思いやりがまったくないとは言いませんが、こと塾内のことになると、「できないやつは残念なやつだ」という言葉を多用します。つまり、塾に入って塾のカリキュラム通りにできないやつは落ちこぼれだと。また塾内のカリキュラムをやっていても稼げないやつはセンスがないと。性別も年齢も関係なく、赤の他人を捕まえて失礼な物言いをしますね。私の中でのマイナスの評判です。

 

K塾ではアフィリエイトのサイトやブログを作ってアフィリエイト報酬を得るサイトアフィリエイトの手法が主なところなのです。
その意味では、K塾のアフィリエイトで稼ぐには、塾内のカリキュラムに従い、サイトを作成していく努力をする必要があります。しかしながら、塾に入ってアフィリエイトを志したはいいが、家庭の事情、本人の健康もあるわけで、塾内のカリキュラムを実行できなくなる事情というものも考えられると思います。それを無視して、ひとくくりに「残念さん」のレッテルを張られてしまいます。

 

どうやらK氏のなかでは、「残念」という言葉は他人を卑下する言葉と考えてないようです。受け取るほうはたいへん心外な言葉なんですけどね。

 

私がなぜ自分の中ですこぶる評判の悪いこんな野郎が塾長の塾に在籍しているのか。
それはK塾が目指すビジネスの着眼点、アフィリエイトの手法というものが斬新かつ的を得ているやり方だからなのです。くやしいですが、これは事実ですね。私はK塾に入塾する前にふたつのアフィリエイト塾を経験しています。なので入塾当初からアフィリエイト初心者というわけではありませんでした。まがいなりにもアフィリエイトをやっていたので、アフィリエイトがどんなものかぐらいは知っていました。K塾のカリキュラムを実践していくにあたり確信したのは、当たり前のやり方かつ効率的なやり方で、サイトのアクセスアップ、購入率を上げていくというのは、ほかの塾にはありませんでした。
事実、トップページに載せているアフィリエイト報酬を得られているわけですから。

 

なので、私はK氏の人柄や物言いについては無視して、そのビジネス志向、アフィリエイト情報のみについて参考にさせてもらってます。K氏は、ほかの塾生が言ってるように、なにかもがすばらしい塾長というわけではありませんし、少数派なのかもしれませんが、私のように嫌いな部類の人間だと思っている人もいるので、入塾する方は、「Kが稼いでいる秘密をすべて盗んでやる!」というくらいでやるのがちょうどよいかもしれませんね。
逆に人柄で商売をしてきた方、結果ではなく過程こそ大事だと評価している方だとしんどい塾になると思います。私はそれでいま苦しんでいるわけなのです・・・。

 

K塾のK氏のほかの評判を調べたい人はこちら。

 

トップページへ戻る。


K塾評判@K塾内SNS内での厳しいやり取り

K塾,評判

K塾内のやり取りはメールのほかに、K塾SNS(K塾生専用のページ、パスワードでしか中に入れない)でのやり取りが主になります。このほかに、塾のカリキュラムで分からないときに質問する塾生専用の掲示板(パスワードがないとみれない)を準備しています。私の中でのK塾内SNS、掲示板の評判を記載していきます。

 

K塾長いわく、「わからないことは小さなことでも(SNS、掲示板で)質問しろ」なのです。
質問を書き込むと、塾のカリキュラムを管理する塾長とは別に講師がいて、その講師が答えたり、ほかの分かっている塾生が答えを書き込んだりしてくれます。
ここまでは、入塾したばかりの人に優しい塾なんだなぁと感じるかもしれませんが、それは間違いです。

 

先に書いた「わからないことは質問しろ」との意味合いは、
「(過去のSNS、掲示板すべてを読んで理解してから)わからないことを質問しろ」
なのです。

 

K塾1期から蓄積されている塾生の質問、それに対する受け答えのデータを調べて読んで理解してから、質問を行うことが前提とされています。そして、当サイトに来られた手段として、Yahoo!やGoogleの検索だと思いますが、検索で調べられること(アフィリエイトとは?とか、サーバーとは?とか、ドメインとは?とか)は検索で調べるようにSNSや掲示板で“口撃”されるのです。

 

過去に出てきた質問についての答えとしては、「既出です。(もうすでに質問として出ているので自分で調べろ)」と一言で片づけられてしまいます。つまり、SNS内や掲示板内での検索フォームに言葉をいれて調べることを“強要”されます。

 

つまりは、質問するにしても、「質問の品質」を求められます。
“口撃”や“強要”など厳しい言葉を使ったのは、これらの答えの書き込みが気遣いない攻撃的な書き込みである点です。
普通なら、「○○の△△の掲示板に載ってあります。■■という言葉で検索すると出てきますよ〜」とか知らない方に優しく教えるとこうなるかと思います。K塾内では違います。「既出です。過去に出ているけど■■の言葉で調べてみましたか?」とにかく答え方にトゲがあります。
K塾長は、こうした状況をよしとしています。つまり、ビジネスをやっていく上で独り立ちするために自分で調べて理解できる環境をつくるためだと。そして、そんなしょぼい質問に真面目に答えるのは答える側の人が時間の無駄だと。
確かに、自分で調べて理解することは大切なことだと思います。しかしながら、入塾してくる新規塾生のなかには、インターネットですら初心者という人間が含まれているわけです。どうかしたら、塾内で出てくる当たり前の言葉の調べ方に対しても理解できない人もいるかもしれません。それを攻撃的な言葉で一蹴するのはいかがなものかと。

 

こうした気風を見るに、「検索ひとつできないやつはK塾にはいらん」こうなってしまうわけですね。
なので、K塾に入塾しようとお考えの方には、まずネットで調べることができるようになるということが前提となります。
決して、ネット初心者、パソコン初心者が苦労なくやっていける優しい塾ではないと言えます。この意味では、初心者であればなおさら、入塾すれば人よりもかなり勉強することが必要になってきますね。
この厳しさがアンチK塾サイトに出てくる悪い評判なのでしょうね。

 

K塾の塾生が公表する塾内容の確認はこちら。

 

トップページへ戻る。


K塾評判@K塾に入って「稼ぐ」という金額の基準

K塾の募集を行っているサイトは、世の中に多数あります。もしかしたら、当サイトに行きつく前にいくつか見られたかもしれません。

 

私が調べてみたところ、いろいろなK塾の評価が書いてありますね。

 

「K塾はアフィリエイトで稼ぐことができる唯一の塾」
「K塾は月額収入100万円以上のスーパーアフィリエイターを多数輩出」
「K塾は初心者でも稼ぐことができるアフィリエイト手法」

 

などなど。
K塾は普通の会社員では稼ぐことができないような金額を稼ぐことができる「魔法の塾」であるという評判なわけです。確かに、これらのキャッチフレーズは嘘ではありません。月額100万円以上稼ぐ方は多数いらっしゃいますし、(報酬画像をSNS内で公表して入れる専用コミュニティーがある)それにかなわなくても月額30万円程度であれば、かなりの数いるようです。
ならばK塾で「稼ぐ」とされるアフィリエイター(アフィリエイトをやっている方の総称)は月額なんぼなのか。
K塾長いわく、「月額100万円以上から稼いでいるアフィリエイター」らしいです。それ以下はK塾では「雑魚」らしいです。
「1年K塾でアフィリエイトやって月額100万円を超えないやつはセンスがない」と、またなにくわぬ顔で公言しています。また、「10万円の森」「30万円の森」「50万円の森」というたとえで、これらの収入の枠から抜け出せない人をまた「残念」という心外な言葉で揶揄しますね。

 

「稼ぐ」という金額については、人それぞれだと思います。現在の仕事にプラス10万円でも稼いでいるという人もいれば、200万円以上でないと稼いでいるとは言えないという人もいるでしょう。つまりは稼ぐ基準は個人によって認識する金額は違うわけです。それをアフィリエイト報酬によって人を評価する気風がK塾にはあります。

 

「稼ぐやつが一番偉い!」これがK塾の根底の考え方です。
「くやしければ俺より稼いでみろよ?」「稼いでいるやつの言うこと(ビジネスのみ)を聞け」そういうところが、少数派のアンチK塾の人が書く「K塾は体育会系」のところなのかもしれません。

 

私もこれを基準に言えば、「稼ぐ」側の人間でないです。もちろん、月額100万円あれば、会社をやめてもいいかなとか、家を建ててもよいかなとか夢は広がるので目指すところなのですが、私としては「稼げないセンスないやつ」と言われようともマイペースでやっていこうと決めています。
塾内の評価がどうであれ、自分の目指すところを決めずにアフィリエイトをやると必ず挫折します。それはアルバイトや会社員と違い、アフィリエイトサイトを作ったからといって、報酬いくらと決められているわけではないからです。それに加えて稼ぐことがすべてのK塾だとガツガツした塾生に臆すること、必至ですね。

 

なので、K塾に入塾される方は、自分のアフィリエイトでのぶれない目標(金額でもいいし、機関でもいいし)を持ってやることをお勧めしますし、塾の稚拙な「稼がないと雑魚」のような揶揄に左右されないマイペースさを持ちたいものです。

 

K塾の塾生の稼ぐ金額が載せてあるページはこちら。

 

トップページへ戻る。

K塾評判@K塾って楽天やYahoo!のアフィリエイトなどクッキー系だけなのでしょう?

K塾,評判

K塾が取り組んでいるアフィリエイトとはどういうものなのか。
入塾を考えておられる方には興味があることかもしれません。その前にネットでK塾のことを調べていると、「K塾は楽天アフィリエイトやYahoo!アフィリエイトなどのクッキー系アフィリエイトを教える塾であまり稼げない」という評判がありますね。

 

通常、アフィリエイトとは、サイトのアフィリエイトリンクをクリックしてもらい、そのリンク先の購入ページで購入してもらうことにより、アフィリエイト報酬をもらうことができるシステムです。クッキー系アフィリエイトとは、通常、リンク先の購入ページからの購入でしか報酬は発生しないのが、一度なにかしらの楽天、Yahoo!のアフィリエイトリンクをクリックして、別の楽天やYahoo!のほかの商品を買ったとしても、アフィリエイト報酬が得られるという仕組みなのです。これがクッキー系と呼ばれるアフィリエイトプログラムなのです。

 

通常のアフィリエイトプログラムに比べて、とにかくサイトのリンクをクリックしてもらい商品購入するとなにかしらの報酬が得られるので、クッキー系アフィリエイトは敷居が低いアフィリエイトプログラムです。しかし、その報酬は、購入金額の1%とか2%程度と低く、数十万円稼ぐといったアフィリエイトには不向きと言われます。

 

K塾ではどうなのか。
確かに塾内のカリキュラムの序盤は、クッキー系アフィリエイトに注力して行ないます。しかしながらカリキュラムを進めていくにあたり、最終的にはさまざまなASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)の商品を使ったアフィリエイトにシフトしていきます。なので、「K塾はクッキー系アフィリエイトだけ行う稼ぎの少ない塾」というのは誤解でしょう。ちなみに私がトップページで載せている報酬画像は楽天でもYahoo!でもないASP会社の報酬画面となります。(ASP規約上書けませんが、アフィリエイトをやっている方ならお馴染のASP企業です。)

 

K塾がクッキー系アフィリエイト塾というのは、半分は当たっているわけですが、なぜそのような評判が立っているのか・・それは「ファントム」という検索系サイトを構築できるツールを用いているからなのです。ファントムでは、楽天やYahoo!などのクッキー系アフィリエイトプログラムの商品データを自動的に取得して、Yahoo!やGoogleのようにその検索結果をページとして表示できるのです。なのでクッキー系がK塾の代名詞となったのでしょう。

 

ただ塾内ではこのファントムを過信するあまり、通常の高額報酬を扱っているASPでのサイト作りをなおざりにしている感がありますね。これは塾生の意識の問題でもあるのですが、大きなところではK塾内で行なうカリキュラムの真の意味を明かさないところからきているのだと思います。というのは、K塾内で言われるのは、「とにかく講師が言うようにサイトを作れ!」これのみで、サイトを作る意味だとか、どうして作業するのかという理由を一切話さないからです。これもいわゆる「質問しろ!」の一環でもあるのでしょうが、特にアフィリエイトも知らなかったような初心者の方では気づけようもありませんし、ましてや作業をやり続けて報酬0が続けばモチベーションも下がっていくことでしょう。(アフィリエイトは報酬が発生するまでに3カ月くらいはかかるのが当たり前です。)

 

私としてはカリキュラムの意味合いをしっかり塾が提示してないところに、いい加減さを感じています。細かいことは明文化も教えてもくれないので、愚直に作業を続けていける人がK塾には向いているのかもしれませんね。

 

 

K塾の塾内容を確認してみたい方はこちら。

 

トップページへ戻る。

 


K塾評判@K塾の掲示板はとても探しにくく見にくい!

K塾,評判

K塾でのカリキュラムの進め方などは主に「K塾SNS」という塾生専用サイト内で指示が出されています。そのカリキュラムを進めていくにあたり、K塾では様々なツールと呼ばれるアフィリエイトを進めていくデータツール(道具)を使いこなさなければなりません。その使い方などを質問するには専用の掲示板を用意してあります。
上の画像は、「ファントム」と呼ばれる検索ページが生成できるツールなのですが、ここに「ファントム」で分からないことを書きこんでいくわけです。

 

この掲示板の書き込みがまた分かりにくく、評判が悪い・・・。2ちゃんねる掲示板を知っている方はおわかりかもしれませんが、ツリー型と呼ばれる掲示板で書き込みの表題だけがリンクとして連なっていくタイプ。ぱっと見だけではなにが書いてあるか分からないようになっています。一つの質問に何個もやり取りが載っている場合は、ひとつひとつクリックしていかなければならず、パソコンの処理能力、インターネット接続環境によってはかなり確認に時間がかかります。。

 

K塾では「すべてのSNS、掲示板を見ておけ!」という指示が最初に出ますので、この見にくい掲示板を見ていくだけで一晩かかりますね。。
このようにSNSや掲示板を用意しているといっている割には、非常に使いにくい状況で、整備する気も運営側にはないように見受けられます。塾生の方の中には、自分のSNS内で分かりやすく整理されている方もいらっしゃいますが、面倒なことに目を向けない、塾生の利便性を考えない塾長始め講師、運営事務局の対応は悪いと言えます。

 

私自身は、この掲示板については、検索のみで探すようにしています。そうでないと全部読んでいたら、塾の期間すべてを掲示板読みで終わってしまう可能性がありますから・・・。
塾生に対してのサービスが行き届かない分、自分で考えて工夫しなければいけない点があるのも、K塾の評判を落としている原因のひとつなのかもしれませんね。

 

 

K塾のほかの塾生の声を見てみたい方はこちら。

 

トップページへ戻る。


K塾評判@K塾の費用は受講料だけで済むものなのか?

K塾,評判

上の画像は、「K塾11期」の受講料です。。
ひじょ〜〜に高い金額だと思うのは私だけでしょうか??
ちなみに私のいま乗っている車の金額は軽自動車の中古で車検込で26万円・・・。車よりも高いのです。。
K塾の受講料は数あるアフィリエイト塾のなかでも高価なことだという評判ですね。

 

金額はさておき、豊富な役立つツールだけ考えると、受講料36万円〜37万円というのはそう安いものではないのかなと考えます。これらのツールを1から全部集めようとすると50万円近くすると思います。ツールの価値というものは人さまざまだと思いますが、アフィリエイトを本格的に実践的に行なうツールとしては、K塾のツールはたいへん優秀だと私は思います。

 

ただ問題なのは、これ以外にかかるお金があるのです。
それはドメイン代とサーバー代。
まずドメインとは、このページもそうですが、ホームページの住所を示す「http://〜」の羅列で、これを取得する必要があります。サーバーとは、ホームページの内容を保管しておく場所のことで、サーバー会社とよばれるところが持っている場所の一部をレンタル料を支払って借りるわけです。
このドメインとサーバーを準備する必要があるのですが、ファントムとよばれるツールを設置するためにサイト作成するので、これらの準備が必要なのです。序盤のカリキュラムのなかではファントム以外のサイト作成は無料ブログを使うのでこれ以上は基本費用はかかりません。(さらにカリキュラムを進めていくとさらにドメインを追加する必要がある。)
11期以降では、下記のような数と金額がかかるようです。(11期からファントムが5種類に増えます)

 

ファントム用ドメイン 5個×920円=4,600円/年間(年間費用を一括で支払う)
ファントム用サーバー 5個×12,600円=63,000円/年間(分割で支払うプランあり)

※ドメイン単価はドメインの平常価格を想定。
※サーバー単価はファントム推奨サーバーのエックスサーバー スタンダードプランによる。(上記より格安なサーバーもあり)

 

上記の価格は一番高価なプランで書いておりますので、これより安く済ませられる場合が多いですが、費用にして30,000円〜40,000円ほど、ドメイン5個とサーバー5個を揃える必要があるわけです。
よくK塾長やほかの塾生のサイトなどでは、5,000円ぐらい揃えられるとか言ってますが、ファントムと呼ばれるツールを塾のカリキュラムどおりに行なうとすれば、最初からこれだけの先行投資が必要になってきます。

 

さらに言えば、半年間の塾受講期間内にセミナーが東京と大阪で3〜4回ほど行なわれます。
実際に塾長や講師に教えを請うことができる場なのですが、受講費は無料ですが懇親会費(5,000円程度)と交通費用、宿泊費用は別にかかってきます。

 

これだけの費用をかけてやるのだから、生半可な気合いでは回収できません。その意味でも、お小遣い程度に稼ぐという程度での入塾は高い買い物になるかと考えられますね。本気になってアフィリエイトをやっていく覚悟を最初から強いられているような感じがして、私も最初は尻込みしましたね。。
K塾は、評判の高い受講料以上に諸費用がかかると思っておくのがよろしいかと思います。

 

 

K塾費用を回収した塾生の紹介はこちら。

 

トップページへ戻る。


K塾評判@特典がついているK塾申し込みってお得なの?

「K塾」とYahoo!やGoogleで調べてみると、たくさんの紹介サイトが検索されるかと思います。
そのなかで、「このサイトからK塾に申し込んでくれた方には○○の特典がついてきます。」「サポート付の特典があります。」なんてフレーズのページがあったかと思います。

 

あれはサイト管理者が塾生で、その塾生がK塾で必要であろう特典をつけ、自分のサイトからのリンクで申し込んでもらうことで、アフィリエイト報酬を得ているわけですね。
無論、当サイトのリンクもアフィリエイトリンクであり、私のサイトからK塾に入塾していただければ、私自身にアフィリエイト報酬がいただけるようにしてあります。

 

それはさておき・・、塾生のサイトでの特典がお得なのかどうか。
それは特典内容にもよりますが、あなたのパソコンスキル、アフィリエイト経験によるところが大きいです。
たとえば「こんなツールを差し上げます!」といっても、あなたが使いこなせなければ仕方ないですし、「あなたの代わりにファントム設置をしてあげます」といっても他人にしてもらうと自分で覚えられませんし、自分のファントムサイトを他人に認識される嫌いがあります。たまに見かけるのですが、K塾が推奨していないツールやノウハウを特典にしている場合もあります。それだと塾の手法を進めるにあたり講師に自分のサイトなどを見せるわけですが、しっかりと駄目だし食らう可能性すらあります。
そして「サポートします!」という特典もありますが、そのサポートする人が、講師でもサポートする側の人間でなければ、塾とは間違ったサポートをする可能性大きいですね。(講師やサポートする側の人間が独自サイトでサポート付特典のサイトをつくることはまずありません。)

 

なので、知識がないときに「この特典よさそうだなぁ」と思ってその特典に頼るのはたいへん危険な行為です。
特典の善し悪しが分かる知識がなければ、特典に頼らず、入塾して講師に対して聞きまくるほうが得策といえるでしょう。(このサイトも私のアフィリエイトリンクを介しています。アフィリエイトリンクを嫌われる方は、ご自身で検索サイトで「K塾」と検索して公式申し込みページにてご確認ください。)

 

 

K塾 公式ホームページはこちら。

 

トップページへ戻る。

K塾評判@継続率の高さが評判のK塾。本当か?

K塾,評判

K塾の入塾申し込みページや塾生の紹介ページに必ず書いてあるフレーズ。
「K塾は継続率の高さで有名です。」・・・これは真実か?

 

ある意味、正解だと思います。
ただし、半年間の受講期間に成果が出した人に限るという条件ですかね。

 

K塾の継続率が高い原因・・・K塾の使うツールが挙げられます。
K塾では、代表的なツール「ファントム」を始め、さまざまなツールを使用します。それでそのツールのほとんどは、K塾事務局でメンテナンスを行なう形になります。つまり、オンライン上で(インターネット上で)使用するツールがほとんどでメンテナンスが必要なものばかりなので、K塾を抜けたにしてもツールを使い続ける限り、なんらか契約をしなければならないわけです。
K塾で使用するツールの保守メンテナンス料金は、受講期間は受講料に含まれているので、受講料以外にメンテナンス料を徴収されることはありません。しかし、受講期間が終了し、塾の継続受講をせず、ツールのみ使い続ける場合には、メンテナンス費用を徴収されることになります。
「それならツール使わなければいいじゃん」そう考える人もいるかもしれません。しかし、K塾のアフィリエイト手法で最も報酬を稼ぎだすサイトは、K塾のツールなしには成り立たないようにできているのです。なので、塾の受講期間中になんらかの成果を出した方というのは、継続受講をし、メンテナンス保守料金がかからず、なおかつ塾のサポートが受けられるほうを選ぶわけなのです。

 

「塾をやめて契約する保守メンテナンス料ってどれくらいかかるの?」
気になるところではあるでしょうが、1つのツールに対して、月額1,000円〜1,200円ほどかかります。

 

もうアフィリエイトから卒業する人は、キャッシュポイントサイトのファントム保守料:4,000円〜5,000円/月額
塾は卒業するけどアフィリエイトを継続的に続けていく人の保守料:9,000円〜10,000円/月額

※上から2番目はサイト作成に必要なツールすべてを契約する場合。

 

だいたいこんな感じの費用金額です。
塾をやめた時点でこれ以上の報酬を得ている場合は問題ないですが、アフィリエイトサイトを維持するだけで、年間50,000円もかかるのはなかなか高額だと思います。それにアフィリエイトサイトを1度作ったからといって永続的に収入がとぎれないかという保証はなく、少なからず個人レベルでのサイト中身のメンテナンスが必要になってきます。年数が経つほどに報酬額が少なくなっていく可能性の方が高いですね。

 

そういう背景を考えると、塾を継続していく方が得策だと思うわけです。塾の受講期間が終了して、継続するには費用が15万円前後かかってきます。半年で15万円だったら保守メンテナンス料のほうが安いかもしれません。でもアフィリエイト報酬を維持していくためには、常にアフィリエイト情報を得る必要が出てきますので、その情報料としては安上がりなわけなのです。だからこそ、塾の継続率が高いわけなのですよ。

 

K塾のアフィリエイト手法は塾が準備するツールを主に使用するので、K塾でアフィリエイトを行なう場合はツールの管理が必要になってくることを視野にいれなければいけません。なので、当サイトならびにネットで検索して出てくるK塾の評判に対する情報を精査していただき、入塾するかをしっかりと検討したほうがよいのです。

 

 

K塾を継続受講した塾生の声が載せてある公式ホームページはこちら。

 

トップページへ戻る。

 


K塾の公式サイトには、塾生の声が書かれています。



K塾23期 (銀行一括)




※K塾23期の募集日程が決定いたしました。募集日程は、募集日程は、平成30年12月末から平成31年1月上旬までとなっております。
K塾費用の御支払は、分割やクレジットカードでも対応できます。(リンク先ページのお支払方法をご確認ください。)
K塾の分割支払窓口
K塾のクレジットカード窓口


トップページへ戻る。